臨床症例⑦~背部痛・群発頭痛~

本日は症状が改善された患者様の臨床症例をアップします。

 

年齢:30代

性別:女性

職業:OL デスクワーク中心

主訴:背部痛、群発頭痛

動作検査:屈曲(+)、伸展(++)、左回旋+伸展(+++)左側屈(+)

*寝不足が続いている、デスクワークを集中しすぎたとき(同じ姿勢を続けたとき)に背中が中心に痛み首や肩も張ってくる、背中が痛くなりすぎると吐き気も起こる、常に上半身がしんどい、頭痛が起こるとじっとしていられない、目の奥がとても痛い、

治療部位:側頭筋、大後頭直筋、僧帽筋、頚板状筋、頭板状筋、肩甲挙筋、頭最長筋、頚最長筋、頭半棘筋、多裂筋、など
治療方法:トリガーポイント鍼療法

治療結果:

1回目:打たれたところが重だるい

2回目:背中の痛みがはっきりしてきた、首肩はスッキリしてきた、頭痛は軽くなったが続いている

3回目:背中の痛みは無くなってきた、首肩はラク、頭痛の回数が減って症状も軽減

4回目:背中の痛みは無くなった、最近は吐き気も感じなくなってきた、頭痛はたまに起こるが軽い

5囘目:背中の痛みは無い、首肩もラク、全身がスッキリした感覚になってきた、頭痛も起こらなくなった

6回目:背中の痛みは無い、仕事をしていても疲れにくくなり体が保てる、頭痛は最近起こらない、今回で卒業

 

計6回の治療でした。

話を聞いていると、仕事が忙しく残業も多いので帰宅が遅いので睡眠が確保できない。食事も抜いてしまうこともしばしば、偏食にもなっていた、との事。

鍼治療をしながら食事のアドバイスもお伝えしました。

 

背部痛(背中の痛み)や群発頭痛に悩んでいる方へ、お役立ち出来れば幸いです。

カテゴリー:

« »
Copyright(c) –2018 モグケン鍼灸院 All Rights Reserved.