臨床症例⑤~尾骨痛(後仙尾靭帯)~

本日は尾骨痛の症例を報告します。

 

年齢:40代
性別:女性
職業:インストラクター業
主訴:尾骨痛
動作検査:就寝時:仰向け(+++)横向き(++)、座位(++)、立位や歩行は痛くない
その他:仙骨周囲の痛みが出た当時(治療の一週間くらい前)は、デスクワークをしていた。患部の痛みが出現してからは、就寝時の仰向け(仙骨が当たるとき)が一番痛い。寝られないほど痛い時もあって、寝返りを何度もうってしまい寝不足にもなっていた。立ったり歩いたりは全く痛まないが、仕事で床に座ったりデスクワークしたときはズキズキと患部が疼いた。職場近くの鍼灸院で治療をしたら、少しは改善。でも通いきれず、自宅近くの鍼灸院を探していた。
治療部位:後仙尾靭帯、多裂筋、腸腰靭帯など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:仙骨周囲の痛みは靭帯に原因が多い、また間を詰めて治療したほうが早く良くなると伝えて治療を始めました。


一回目:患者様が訴えた尾骨周囲に刺鍼+多裂筋、腸腰靭帯など

二回目:ペインスケール10→1になった。残りの尾骨周囲に刺鍼+多裂筋など

三回目:二回目の治療後には尾骨の痛みが消えた。今回は全身メンテナンスをして終了。

尾骨の痛みがなくなったので治療は終了。

コメント:二回の治療で痛みが消えて良かったです。またアンケートでは治療の評価だけでなく当院のメリット、デメリットなど細かく記述して頂き、私自身がとても勉強になりました。心より感謝を申し上げます。

 

仙骨、尾骨周囲痛の方のご参考になれば幸いです。

« »
Copyright(c) –2017 モグケン鍼灸院 All Rights Reserved.